データヘルス計画

データヘルス計画の概要

山形県建設国民健康保険組合では、被保険者の特定健診・医療情報(レセプト等のデータ)を分析・活用し、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るため保健事業実施計画(データヘルス計画)を策定しました。

保健事業実施計画(データヘルス計画)書はこちらから閲覧できます

目的と背景

政府は、「日本再興戦略」(平成25年6月に閣議決定)において、「国民の健康寿命の延伸」を重要施策に掲げ、全ての医療保険者に対して、健康・医療情報のデータ分析に基づき加入者の健康保持増進のための事業計画(データヘルス計画)の作成・公表、事業実施、評価等に取り組むこととしています。
当国保組合では、生活習慣病対策をはじめとする健康増進や重症化予防対策・特定健康診査等の受診率向上の推進を行い、医療費適正化を図りながら健康寿命の延伸を目指します。

特定健診受診状況及び特定保健指導実施状況

山形県建設国保組合の目標値と実績

平成20年度から医療制度改革のため、高齢者の医療の確保に関する法律に伴い、40~74歳の方を対象に特定健康診査・特定保健指導が始まりました。
平成20年度~平成24年度まで第1期の5年間で、特定健康診査の実施率70%と特定保健指導45%、内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の該当者・予備群の減少率10%が目標値となります。
第2期は、平成25年度~平成29年度の期間で、特定健康診査70%、特定保健指導は、30%となります。

平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
特定健診の目標受診率 62% 64% 66% 68% 70%
特定健診の実績(結果) 62.1% 64.4% 64.6%
特定保健指導の目標受診率 22% 24% 26% 28% 30%
特定保健指導の実績(結果) 17.1% 20.5% 17.9%

 

特定健診・特定保健指導の年次推移について

特定健診の年次推移

H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度
対象者数 13,185人 12,864人 12,485人 12,063人 11,667人 11,379人 11,043人
受診者数 7,509人 7,472人 7,548人 7,401人 7,126人 7,061人 7,108人
受診率 57.0% 58.1% 60.5% 61.4% 61.1% 62.1% 64.4%
目標値 50.0% 55.0% 60.0% 65.0% 70.0% 62.0% 64.0%

 

特定保健指導の年次推移

H20年度 H21年度 H22年度 H23年度 H24年度 H25年度 H26年度
ア.対象者 1,524人 1,341人 1,249人 1,125人 1,097人 997人 1,047人
 動機付け支援 753人 675人 647人 570人 557人 511人 564人
 積極的支援 771人 666人 602人 555人 540人 486人 483人
イ.初回面接実施者数 331人 288人 321人 149人 218人 191人 236人
 動機付け支援 189人 190人 184人 156人 140人 128人 155人
 積極的支援 142人 98人 137人 93人 78人 63人 81人
ウ.終了者数 165人 316人 214人 246人 148人 170人 215人
 動機付け支援 108人 216人 146人 179人 153人 117人 152人
 積極的支援 57人 100人 68人 68人 51人 53人 63人
実施率(ウ/ア) 10.8% 23.6% 17.1% 22.0% 18.6% 17.1% 20.5%
目標値 25.0% 30.0% 35.0% 40.0% 45.0% 22.0% 24.0%

 

受けてうれしい!特定健診・保健指導のメリット

1.メタボを早期発見
メタボや生活習慣病を発症するリスクのある方を見つけます。
2.健康状態を継続して把握
健診結果は医療保険者によって管理されるため、継続した健康管理が可能になります。
3.特定保健指導でメタボを改善
メタボの危険がある方には特定保健指導を受けることができます。専門家のアドバイスのもと、生活習慣を改善できます。
4.医療費を節約
生活習慣病の発症・重症化を防ぐことで、家庭の医療費や医療保険者負担の医療費も削減できます。
※医療費を抑えることによって、保険料を抑制することが出来ます。

 

死因の状況

山形県建設国民健康保険組合の主たる死因とその割合を以下に示します。

当国保組合では、悪性新生物(がん)による死亡が最も多く。ついで心臓病・脳疾患等の循環器系の病気が続きます。
病気を早期に発見するためにも、特定健診と一緒にがん検診も受診することが重要です。

主たる死因とその割合(H26年度)

疾病項目 人数(人) 山形県建設
国民健康保険組合
悪性新生物 28 66.7% 46.3% 48.3%
心臓病 5 11.9% 25.2% 26.6%
脳疾患 5 11.9% 20.2% 16.3%
自殺 4 9.5% 3.3% 3.5%
腎不全 0 0% 3.4% 3.4%
糖尿病 0 0% 1.6% 1.9%
合計 42

※国保データベース(KDB)システム「地域の全体像の把握」より

主たる死因とその割合(H26年度) グラフ

※国保データベース(KDB)システム「地域の全体像の把握」より